えねぱそ発電所マップ

えねぱそ発電所マップ

発電種別マークをクリックすると、各発電所の詳しい説明に飛びます!

えねぱそ発電所マップ 沖永良部風力発電所 おひさま発電所 兵庫パルプ工業 東京発電大宮発電所 金羊社ソーラーパワー プロロジス発電所 霧島国際ホテル 石川県工業試験場 高崎卸売市場 北淡震災記念公園発電所 おかやまさんさん発電所 富国製糖奄美発電所 九重地熱発電所 祝津風力発電所

おひさま発電所(長野県飯田市)

おひさま発電所(長野県飯田市)

市民出資による太陽光発電所です。
飯田市を中心に、周辺の下伊那地方の自治体の保育園、公民館、児童センター、養護施設などの公的施設およそ160ヶ所に太陽光発電所を設置しています。
その総量は1200kW。年間140万kWhの電気をつくる分散型メガワットソーラーです。

おひさま進歩エネルギー株式会社
http://www.ohisama-energy.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

金羊社ソーラーパワー(東京都大田区/静岡県御殿場市)

金羊社ソーラーパワー(東京都大田区/静岡県御殿場市)

東京で創業80年を誇る印刷会社。
東急多摩川線沿線にある本社外壁と富士山の見える御殿場工場の2箇所に設備があります。
設備容量は合わせて30kWで、年間発電量3万kWhのすべての電気が印刷に使用されています。

株式会社 金羊社
http://www.kinyosha.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

プロロジスパーク発電所(神奈川県座間市)

プロロジスパーク発電所(神奈川県座間市)

物流センターを運営する外資系会社の広大な屋上にメガワット(出力1,000kW)のソーラーパネルが一面に敷き詰められています。
年間100万kWh発電される電気は物流センターの稼働に寄与しています。

プロロジス
http://www.prologis.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

高崎卸売市場発電施設(群馬県高崎市)

高崎卸売市場発電施設(群馬県高崎市)

毎日活気に溢れる広大な卸売市場の屋根に設置され(写真右下)、出力100kWの設備から発電された年間約10万kWhの電気が野菜や果物の大切な保冷に使われています。
毎月2回の一般開放デーには約3千人が詰めかける市民に開かれた地球に優しい市場です。

高崎市場
http://www12.wind.ne.jp/t-itiba1/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

石川県工業試験場発電設備(石川県金沢市)

石川県工業試験場発電設備(石川県金沢市)

地元の産業振興のために技術指導、研究開発の営みを続けて50年。
出力200kWのパネルが載った研究棟は宇宙ステーションさながらです。
雪の降る冬は日照時間が少なくなりますが、年間13万kWhの電気をガンバって試験場に送っています。

石川工業試験場
http://www.irii.jp

△ えねぱそ発電所マップにもどる

おかやまさんさん発電所(岡山県備前市・岡山市・瀬戸内市)

おかやまさんさん発電所(岡山県備前市・岡山市・瀬戸内市)

2008年に運転開始した市民ファンドによる太陽光発電所です。
備前市、岡山市、瀬戸内市内の幼稚園・保育園・小学校・公民館などの公共施設を中心に合計17箇所設置されています。
設備容量は325kWです。幼稚園や小学校では、太陽光発電を切り口にした環境教育も行っています。

備前グリーンエネルギー株式会社
http://www.bizen-greenenergy.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

沖永良部風力発電所(鹿児島県和泊町)

沖永良部風力発電所(鹿児島県和泊町)

真っ青な空に太陽が燦々と照り輝く南の島で、元気に風を受けて発電しています。
設備容量は600kWで、年間発電される電気のうち47万kWhほどが隣接する海辺の療養施設の電気を全量賄っており、グリーン電力になっています。

鹿児島県和泊町
http://www.town.wadomari.lg.jp

△ えねぱそ発電所マップにもどる

北淡震災記念公園発電所(兵庫県淡路市)

北淡震災記念公園発電所(兵庫県淡路市)

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で出現した野島断層。
その断層を保存し、地震の記憶を後世に伝えていくために作られた記念公園で風車は回っています。
600kWの出力で年間55万kWhを発電し、その約3割がグリーン電力になっています。
自然の驚異とは裏腹に、この風車は自然の有り難さを感じさせてくれます。

北淡震災記念公園
http://www.nojima-danso.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

祝津風力発電所(北海道室蘭市)

祝津風力発電所(北海道室蘭市)

北海道の室蘭市が所有する風力発電所です。
4年前に建て替えられました。
発電された電気は白鳥大橋のイルミネーションや祝津公園の照明などに使われています。
出力1,000kWで、年間発電量のうち30万kWhほどがグリーン電力になっています。

室蘭市
http://www.city.muroran.lg.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

大宮発電所(埼玉県さいたま市)

大宮発電所(埼玉県さいたま市)

さいたま市水道局と東京発電(株)が共同で設置した発電所。
配水場の流れを使い、東京発電(株)が運転を担当しています。
上部は「親水公園」で、地下に設置されています。
設備容量は50kWで、40万kWの電気を毎年生み出し、さいたま市の市民に水を提供するために働いています。


詳しくはこちら↓もご覧ください。
「上水道の水圧利用で年40万kW時を発電」-「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン alterna
http://www.alterna.co.jp/5662

△ えねぱそ発電所マップにもどる

兵庫パルプ発電所(兵庫県丹波市)

兵庫パルプ発電所(兵庫県丹波市)

兵庫県の丹波市の田園地帯の中にある発電所です。
秋には周辺にお米が実り、赤とんぼが群れています。
木質チップを使って段ボールを造っている工場で、その一部が燃料となり電気となっています。
出力は18000kW、毎年1億3千万kWhという大量の電気を生み出し、その内1600万kWhがグリーン電力になっています。

兵庫パルプ工業株式会社
http://www.hyogopulp.co.jp/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

富国製糖 奄美発電所(鹿児島県奄美市)

富国製糖 奄美発電所(鹿児島県奄美市)

サトウキビの残りかすのバガスを燃料にして発電しています。
バガス発電はサトウキビが大量に生産される南の島ならではの発電です。
出力は500kWで、刈り入れ時期1月~3月の期間限定発電で約50万kWh分のグリーン電力が毎年生み出されています。


△ えねぱそ発電所マップにもどる

霧島国際ホテル発電所(鹿児島県霧島市)

霧島国際ホテル発電所(鹿児島県霧島市)

坂本龍馬も行った霧島の温泉井戸の蒸気を有効活用した発電です。
日本の地熱発電の草分け的な存在で、出力100kWで年間40万kWhの電気を生み出し、その全てがホテルの照明などで使われています。


詳しくはこちら↓もご覧ください。
大和紡観光株式会社霧島国際ホテルの環境活動-鹿児島県ホームページ
http://www.pref.kagoshima.jp/ad02/kurashi-kankyo/kankyo/sougou/partners/katudou/kirikoku.html

△ えねぱそ発電所マップにもどる

九重地熱発電所(大分県玖珠郡)

九重地熱発電所(大分県玖珠郡)

大分県にある九重観光ホテルの温泉蒸気を利用した地熱発電です。
出力は990kWです。年間発電量のうち約40万kWhがグリーン電力になっています。
運転開始は平成15年で昨年10周年を迎えたため、大規模な設備更新をしました。全てが新しくなって日々活発に運転しています。


九重観光ホテル
http://www.kuju-kh.com/

△ えねぱそ発電所マップにもどる

えねぱそ人気ランキング

えねぱそ人気ランキング